目元のたるみ解消.com » 窓のリフォーム

窓のリフォーム

窓というものは、採光や通風、外観のデザインといった部分に深く関わってくるものです。開口部は、このようなことがあり、住まい全体の性能に関わってくるものといっても過言ではありません。

また、防犯の面でも重要な役割を担っているものが窓です。そのため、窓のリフォームの際には様々な見本を確認し、どのようなものが今住んでいる家には住まいには必要なのか確かめてリフォームを行ないましょう。

ガラスには、目的によって様々な主対があります。そのため、しっかりと目的を持ってどのガラスにするのか決める必要があります。では、その種類について紹介していきます。

まずはフロートガラスです。これは最も一般的に使われているガラスです。しかし、短時間で割られてしまうので、防犯性能はあまり期待することができません。

型板ガラスは、型模様のガラスが使用されていて、視線を遮るようになっています。しかし、防犯性能でいうとフロートガラスと変わりありません。

合わせガラスは、2枚以上のガラスを強靭な樹脂中間膜によって接着して一体化したものです。これは割れてもガラスの破片が飛び散らずに安全性にも優れています。