目元のたるみ解消.com » 五十肩と湿布

五十肩と湿布

五十肩は完治するまでに1年はかかると言われるやっかいな病気です。また、その間に最も多く用いられる治療法の1つに、湿布療法があります。

また、湿布といえば冷すものと温める2つのタイプがありますが、この2つをうまく使い分けるのが五十肩の改善のコツでもあります。

一般に、五十肩だけではなくて腰痛や関節痛などでも、急激に痛み出した場合には冷し、慢性化したら温める、というのが基本です。急性期とは炎症が激しく起こっている時期です。

つまり、患部は温まって血行もよいことで炎症も強まっていると言えますので、できるだけ冷して血行を悪くすることで痛みを和らげることができます。

これに対して、五十肩の慢性期になると炎症は治まっていますので、それだけ血行は悪い状態です。つまり、血行をよくすることで栄養を十分に送るためには、温めることが大切になってきます。

五十肩の慢性期の場合は特に、痛みがある時には安静にすることが大切ですが、温めない手はありません。何もしないよりも、安静時の利点を活かして、湿布をもちいることは大切です。

また、病院などでも出してもらえるものもあれば、熱い湯に浸した蒸しタオルでもかまいません。それをビニール袋に入れたものを肩を包むように乗せたほうが気持ちよい、という方も多くいらっしゃいます。

また、市販のものでも病院でも五十肩によく勧めているものなどもあります。また場合によっては、肌の表面だけしか温まらない、効果がとても薄い、ということもありますので、湿布とともに入浴などを利用するのもよい方法です。

温めのお風呂に長時間浸かっていたり、シャワーをかけたり、熱めのお湯と20度程度のお湯を交互にかけるなどもよいアイデイアです。

その他、せっかく湿布をしてもその後すぐに肩を冷やしてしまっては問題ですから、衿ぐりの大きく開いた服などは避けるようにすることも大切です。特に冬場は肩まわりの保温が大切な時期です、洋服に拘るよりも、治療を優先するようにしなければなりません。