目元のたるみ解消.com » 腰痛と椅子の座り方

腰痛と椅子の座り方

椅子は誰でも使うものですが、長時間座るのは腰痛などの原因となります。誰もが物心ついた頃から書き物をしたり、ワープロを打ったりする椅子は、ただ座っていれば体を安定して維持できるというものではなく、常に適切な座り方を意識していなければならないものです。

では、どのような座り方が正しいのでしょうか? まず、背筋をよく伸ばすことが大切です。またこれ以外には、できるだけ深めに腰掛けること、そして背もたれがある場合は背中を適度に密着させることも必要です。

またこれらの全てを一度に意識するのは簡単ではありません。ですので、まず上半身を骨盤の上にしっかりと乗せる、ようなイメージを持つことが大切です。

背骨の自然なS字のカーブをよく考えて、腰の辺りはちょっと反っている感じにしたり、背中の上のほうにかけては多少なだらかになる、というようなイメージも大切です。

ダメな座り方の典型、というと、まず浅めに腰掛けることです。この姿勢では、背中の一部だけが背もたれに密着し、身体はくの字型になっていることがほとんどです。腰にはかなりの負担がかかりますし、内臓も圧迫されてしまい、呼吸もうまくできていない姿勢です。

また各関節についてですが、足首、そして膝、股関節の部位は、90度に曲がっている状態がベストです。このためには座る時に高さや深さをよく調節することが大切です。

高すぎると足首がぶらぶらになってしまいますし、低すぎると膝が鋭角的になってしまいます。調整方法も慣れることが大切ですし、他人と交互に変えている、などという状況も改善しなければなりません。

その他、やはりいくらきちんと座ったとしても、座りっぱなしはよくありませんので、1時間程度の間を置いて立ち上がったり、背伸びをする、くらいのメリハリも大切です。

また立ち上がることもできないような場合は、座っている状態で姿勢を変えることが大切です。最低でも左右の足を組んでみたり、足先の位置を変えるなどは誰でも出来ると思います。腰痛予防のために、改めて意識してみましょう