目元のたるみ解消.com » 災害対策とリフォーム

災害対策とリフォーム

2011年の東日本大震災をきっかけに国民の災害に対する意識は大きく変化しました。リフォーム業界でもその変化は確実に影響が出てきており、多くの方が災害対策のためのリフォームを行うようになったといいます。

自分でも行えるような防災対策はもちろん家全体を改装して地震が起きても安心な家に大規模なリフォームを行ったりと人それぞれで様々な防災リフォームを行っているのだそうです。

防災リフォームと一口に言ってもその規模は人それぞれで大きく異なります。

出来る限り安く防災リフォームを行ないたいという方はタンスなどの家具につっかえ棒を設置したりガラスに飛散防止用のフィルムをつけたりといった軽いものでも十分効果はありますが、より効果を上げたいのであれば大規模なリフォームを行う必要があるでしょう。

例えば天井の素材を軽いものにしたり壁などに耐震補強を施したり、火災報知機などの警報機の取り付けなども行われているようです。

防災リフォームのプランには地震に耐える事が出来る住宅に改装するのだけでなく、地震が起きた後の生活を考慮したものもあります。

例えば停電した状態でもある程度周辺状況を確認できるように壁などに蓄光素材を埋め込んでおいたり雨水用の貯水タンクを設置したりも出来ますし、少し予算は必要になりますが、太陽光発電システムを設置すればライフラインが切断されてもエネルギー供給県を確保する事が出来ます。

またエコキュートも緊急時にはタンク内の水を抜いて生活用水として利用する事が出来るそうです。災害はいつも忘れたころにやってくるものです。今はまだ防災意識が高いかもしれませんが復興が進むにつれてその気持ちも薄れていくでしょう。

しばらく何も起こらなかったとしても来年また同じように何もおきないという保証はどこにも無いので、災害時の備えは出来る限り早く行っておくべきです。これから先安心して生活するためにも防災リフォームを一度検討してみてはいかがでしょうか。