目元のたるみ解消.com » 鍼灸で腰痛を解消

鍼灸で腰痛を解消

腰痛の治療法として、鍼灸はとてもポピュラーです。何気ない腰痛の場合は病院での診断をせずに鍼灸に通う方も多くいらっしゃいますし、術後の再発予防として長期間通っている方、そして病院での治療に平行させている方も多くいらっしゃいます。

腰痛は鍼灸治療の適用症の中でもかなり施術しやすいものですもちろん腰痛にも様々ですが、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、すべり症、ギックリ腰などの例が多く、それぞれに特効のツボがあり、辛い痛みを緩和させることができます。

また、運動時や安静時、一定の屈曲位を取った場合に起こる腰痛は、それぞれに特徴があります。ギックリ腰の場合は睛明、攅竹、人中、承漿、傷穴、後谿、懸鐘、委中、腰腿点、腰痛点などのツボが存在します。

また辛い痛みが起こった場合、まず安静を取ることも大切です。炎症が起こっている時期にはまず安静、そして慢性期になれば様々な治療法を試行する、というのが原則です。

鍼灸は血行の改善や不老物質の除去のための効果がとても高い治療法です。また病院での保存療法に比較して、その数倍の効果があるとも言われています。

ヘルニアでも、筋肉が疲労している部位や椎間靭帯のそばに鍼をすることによって、筋肉と椎間の緊張が緩み、椎間板への負担が軽減されます。

また椎間板もぺしゃんこになった状態から風船のように再生したように見えることもあります。腰痛にはまず生活習慣の改善と言われます。

もちろん鍼灸の効果は高いものですが、日常のケアも欠かすことはできません。腰への過度の負担、そして腰の筋肉の衰えや、骨盤のゆがみを解消するためには、ストレッチや筋力トレーニングが必須です。

鍼灸院でも日常ケアのアドバイスをします。もちろん病院でも可能ですが、鍼灸では個人個人の差について、より意識的なアドバイスを受けることができると言われています。気になっていた方はまず一度施術を受けてみて、その効果をどれだけ実感できるか、が鍵と言えます。