目元のたるみ解消.com » 予防法について

予防法について

一度なってしまうと痛みなど日常に不都合が多い頚椎ヘルニア。頚椎ヘルニアの発症は日々の生活に密接に関係しています。健康的なパターンを取り入れて頚椎ヘルニアを予防していきましょう。

首が痛くなってしまったときやりがちなのは、痛みがひどい状態で行うマッサージ。一時的には楽になるかもしれませんが、逆に負担がかかって頚椎ヘルニアが発症してしまうこともありますので、まずは首に負担がかからない体勢で安静にしましょう。

首が疲れたからと一気に曲げたり反らしたりするのも特に中高年の方は神経の圧迫が強くなってしまい頚椎ヘルニアの危険が増えるので、ゆっくりと動かすようにしてください。

同じ姿勢で長時間過ごすのも負担がかかります。30分以上は連続作業を控えて、合間にストレッチなどをしてほぐしましょう。ストレッチの方法は書籍やホームページなどで多く紹介されていますので、参考にしてみるのもいいかもしれません。

体を激しく動かす必要があるときは必ず準備運動を行いましょう。バランスよく鍛えて基礎体力を上げるのも骨の負担を減らし頚椎ヘルニアを予防するのに有効です。激しい運動をしなくてもウォーキングや水泳、ヨガなど負荷が少ない運動で十分基礎体力を上げることができます。

筋肉をほぐすには体を温めて血行を良くするのも非常に効果的です。一日の終わりにお風呂にゆっくり浸かったり、ホットパックという体を温める器具を使ったりして体の疲れを癒しましょう。

体が温まって血行が良くなったら、お風呂上がりのストレッチがおすすめです。血行が良い状態はストレッチの効果も上がります。

意外なところではストレスが頚椎ヘルニアの頭痛に関係することが確認されています。日頃ストレスがたまりがちな方は自分の趣味などに没頭できる時間を作ったりしてストレスを発散できる環境を作るのも重要です。

こうした日々の予防で頚椎ヘルニアはおろか他の病気にも罹りにくくなること間違いなしです。いきなりは無理でもできるところから始めて行って、健康的な生活を送りましょう。