目元のたるみ解消.com » 腰痛ベルトと妊娠

腰痛ベルトと妊娠

妊娠中は腰痛が起こりやすいと言われています。臨月に入ると、子宮の重さは5キロに達します。このことでかならず起こるのが、反る姿勢です。

通常の重心が役に立たず、そのままどうしても背中を伸ばして顎を引くような姿勢になりがちです。このことはまず、腰椎に大きく影響します、つまり腰を痛めるのはこの腰椎への負担が増加するからです。

また女性ホルモンの分泌が変化し、骨盤の靭帯や筋肉が徐々に緩んでくることも腰痛に大きな影響を与えます。また運動不足からも筋力が落ちやすくなります。

このような状態をカバーするためには、ほとんどの妊婦さんが腰痛ベルトを使用されています。腰痛の固定、あるいは骨盤の固定、これらのどちらの機能も含まれるものもあります。

また助産婦さんが考案したとても人気が高い骨盤ベルトもあります。トコちゃんベルトと呼ばれるもので、日本産婦人科学会でもその高い効果はお墨付きと言われています。

骨盤の位置を正しい位置に維持し、腰痛を予防し、また日常のケアがしやすくなり、運動不足の解消にもなります。

骨盤の固定器具は妊娠中、また産後でも2ヶ月程度は使用する方も多くいらっしゃいます。産後は身体がとても弱い状態で、ホルモンの分泌は減っていますが、骨盤もまだ元に戻りきれていません。

また骨が元に戻るのをサポートするためには、やはり運動が大切です。水中運動は特にお勧めです。水中の浮力を利用することで、腰や膝への負担が軽減され、また転倒する恐れもありません。

特に胎児の安全性を考慮した場合、水中運動は最適と言えます。骨盤ベルトは特に、巻く位置によっては不安定になるものが多いようです。

また血行不良や骨盤の歪みを冗長するようなものを選んでしまうことにも要注意です。腰痛と骨盤痛をカバーできるような2段式のものもお勧めです。ズレにくくできていますし、単体のものよりも装着方法は簡単です。

また妊娠初期から使用すると、より効果がアップしますので、できるだけ早めに準備しておくと便利です。