目元のたるみ解消.com » 腰の分離症

腰の分離症

腰の分離症は成長期のスポーツ選手に最も多く見られます。腰椎分離症と呼ばれますが、その原因は過度のスポーツによる疲労骨折といわれ、成長期の未発達な骨が着地などの激しい動作を重ねるうちに分離症が発症します。

この分離症の治療方法は様々ですが、早期に発見すれば自然に癒合することも多々あります。また、運動中には多少腰に痛みがあっても、ほかの時間にはそのような症状無いという場合、そのまま放置してしまうケースも多く、このように成人してから腰に痛みがある等の場合はなかなか自然治癒に至らなくなってしまう危険が高くなります。

運動していて急に腰が痛んだ、という経験があった場合は即座に治療を試みることが重要です。この分離症の好発部位は腰椎の第五番目です。

自然な状態でも湾曲している場合、腰椎すべり症に発展する確率も高いです。もしも若いうちに分離症を発見して治療していれば、レントゲンを撮って詳しい診断を受けることが推奨されます。また、自然癒合をするためにもCTやMRIなどの精密検査でその可能性をチェックすることが必要でしょう。

分離症は脊椎にある椎弓のもっとも細くなっている部分が分離してしまう、つまり骨折してしまうものですが、痛みが無いという方も多く、プロのスポーツ選手等でも一生痛みがなくそのままプレイし続けることができたという方も大勢いらっしゃいます。

また発展する可能性が高い分離すべり症は、腰椎がずれ、前方にすべってしまうようになることを言います。また、神経が圧迫され、変形し、痛みを持ちます。

最も効果的なスポーツは水泳などです。腹筋を鍛えることで筋肉がコルセットの役目を果たすようにできます。

分離症の治療方法としては重度のケースでなければ保存療法を用います。コルセットや鎮痛剤を用いて痛みを制限しながら生活ができるようにしたり、ブロック注射によって神経の痛みをとり、血行を高めて自然治癒を期待することも多く行われます。

分離やすべりの度合いによる重度の判定というものはなく、症状の度合いによって手術するかどうかを決定します。