目元のたるみ解消.com » 角質とフットケアについて

角質とフットケアについて

足裏の角質は多くの方が悩んでいる症状です。角質ができるとどうしても疲れがちです。赤ちゃんのような柔らかい踵だったらどれだけいいものか、という方も多くいらっしゃいます。

角質は足の皮膚が死んでしまった状態ですので、角質そのものを再生することは不可能です。角質ができたらまずやすりなどで削り取らなければなりません。

白い粉のようになって気持ちがよい、などという方もいらっしゃいますが、そのような例はまだいいほうです。ひどくなるとタコになり、またそのままだとウオノメにも発展します。

フットケアサロンでの角質の処理としては、専用のやすりを使用してまず角質を取り除きます。その後皮膚をできるだけなめらかにするために、やすりを変えてみたり、クリームや保湿剤で湿気を整えます。

よく角質を取り除いただけ、後はお風呂に入ったからいいだろう、という方がいらっしゃいますが、このような例ではかならずと言っていいほど新しい角質が増えてきます。

またその角質は前よりも固くて、どう処置していいかわからない、とサロンに駆け込む方がいらっしゃいますが、角質は全て取り除いたと思っても、日常生活の癖はなかなか治せるものではありません。深刻な症状を防ぐためには、やはり放置しないでプロによるケアが必要です。

自宅でよくやすりを使用される方は、かかとの側面の処理に失敗しがちです。平らな部分はある程度平らに削ればうまくいくものですが、角の部分はそのまま同じ角度で削ってしまうと、よく皮膚を深く削りすぎる場合があります。

この場合ヒビが入ってしまって痛むこともよくあります。ヤスリがよくても、やはり削り方にもコツがありますので、一度フットケアサロンでアドバイスを受けるのがお勧めです。

角質があると、足の血行も悪くなりがちです。このことでむくみを起こしますし、ふくらはぎの疲れも深刻になります。また靴、またインソールが合わないと角質に発展しますので、靴選びも大切です。