目元のたるみ解消.com » 腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症は、腰椎すべり症とも呼ばれますが、腰椎を支えている筋肉、または椎間板が老化したり、悪い姿勢の生活習慣などによって腰椎が前方へずれてしまう、すべってしまったような状態になることからすべり症と名前がつけられています。

腰椎変性すべり症は40代以降に多い症状ですが、女性により多くみられるようです。変性の場合でも痛みが激しく出る、ということはないですが、そのまま放置してしまうことはやはり芳しくないでしょう。

そのような弱い症状の場合であればカイロプラクテイックや整体院などがいいと思われますが、あらかじめ症状を把握することは必要ですので、どこに行くのかを決定する前に一度精密な検査を受けて見ることが必要でしょう。

変性すべり症で症状が強い場合になりますと、やはり手術が必要なケースが大半のようです。変性すべり症はその名のとおり一般に原因が特定しずらいとされていますが、第4と第5腰椎の間がもっとも起こりやすく、椎間板の変性、椎間関節の変性に関連することがしばしばです。

また、脊椎の安定のために大切な椎間関節にあらかじめゆがみや弱みがあるという場合がもっとも多く発症しやすいようです。変性すべり症の他にもすべり症の治療法はあります。

形成不全性すべり症は生まれつき発育のバランスが悪い場合に起こるもので、手術が必要になります。そして、分離症から起こるものが分離すべり症ですが、分離症は過度なスポーツをする方が発症しやすいようです。

腰痛の予防効果があるのは腹筋を継続して意識的に行うこと、といわれていますが、変性すべり症についての効果のはっきりした予防は無いとも言われています。

薬剤や腰椎の牽引や温熱、硬膜外注射などをしても症状の改善が見られず、歩行や立ったままの姿勢を維持することが困難なような場合にまでいたれば、手術治療を検討します。

手術はその患部のずれなどの程度によって、神経の圧迫を取るだけの場合もありますし、ボルトなどでの固定を行う場合もあります。