目元のたるみ解消.com » 腰痛の治療法

腰痛の治療法

腰痛治療の一番のコツといえば腰痛が出たらすぐに早期治療をすることです。予防のためにはこのことを心掛け、日頃の腰への負担にケアすることが大切です。

特に姿勢を悪くしないようにし、長時間のデスクワークや肉体労働をしたら一日の終わりに腰をほぐしてクールダウンすることで、ほとんどの腰痛は防ぐことができると言われています。

老化によるある程度の劣化は仕方ありませんが、老化による腰痛の半分以上はこれらのケアをすることで防ぐことができます。体をリラックスさせ、常に微笑ましい気分の状態を維持するのがよいと思います。

ギックリ腰は急性腰痛症とも呼ばれ、普段していないような急な負荷を腰にかけたり、何気ない動作をしたりした時に急激に腰が痛む症状です。痛みはかなり大きい場合が多く、自力で動くこともできなくなります。

ぎっくり腰の治療法はまず安静にすることです、どれくらい安静にするべきかについては、痛みの変化があるまではとにかく安静にして、よく冷やすことが必要です。また医者にいくことができるのであればできるだけ早く見てもらうようにすべきです。

腰椎椎間板ヘルニアは背骨の腰椎と呼ばれる骨同士をつなぎ、クッションとしての役目を果たしている椎間板が悲鳴を上げ、中身が外に飛び出し、周囲の神経を圧迫してしまう病気です。神経症状は足にまで及び、坐骨神経痛と呼ばれる特徴的な痛みが出現します。

腰椎椎間板ヘルニアの治療法は急性期ではやはり安静にすることが第一です。また安静にしながら膝を曲げると痛みは幾分和らいでくることが常です。

病院で検査を受け、その症状にあった保存療法を適用します。まずは痛み止めを投与しながら、コルセットを装着してできるだけ痛みの出ない方向に体を持っていきます。

これらの他にも腰痛はあります。主なものは、骨が途切れてしまう腰椎分離症や腰椎分離すべり症、腰の骨に骨棘ができてしまう変形性脊椎症、間欠的にしか歩くことが出来なくなる、腰部脊柱管狭窄症などです。