目元のたるみ解消.com » 変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症では、重度の症状にまで発展したケースを除き、治療法として保存療法を選択します。また保存療法の主な目的は、ひざ関節にかかる負荷を減少させることです。

まずは安静が重要です。運動をしすぎると、痛みが増強し、軟骨のぶつかりがより多く、激しくなってしまうことが常です。減量は特に肥満体質の方にとっては非常に大切です。

またある程度減量することで痛みが楽になり、軟骨の減りやぶつかりも軽減されてくることが常です。変形性膝関節症の痛みがあると運動も減ってきて、肥満が増長される傾向が強くなりますので、栄養調整を十分に行って、摂生を心がけることが必要になってきます。

ひざが正常な方でも歩いたり走ったりすることで疲れを感じます、この場合、重の約3倍以上の力がかかっていますので、1kgでも減量すればその負担がかなり軽減されることになります。

筋力アップ(基礎療法)を取り入れて、骨だけでの動作をできるだけ減らすことも大切です。特に太股にある大腿四頭筋を鍛えることで、荷重を移動させることができます。

筋力トレーニングの方法は、普段のようにそれほど本格的にする必要は決してありません。大切なのは患部を守って軽いものを選択し、できるだけ継続させながら鍛えていくことです。

自宅でできるような簡単な体操にもメリットは多いですが、できれば水泳や自転車などを使って全身の運動をするとより効果が上がります。特に水泳は浮力を利用してひざへの負担をなくしながら、リラックスしてできますので、水泳が好きな方にはお勧めです。

変形性膝関節症治療における薬物治療では、主に消炎鎮痛剤などの痛み止めを用います。変形性膝関節症の痛みが強い場合には座薬として用いるケースもあります。また、変形性膝関節症では塗り薬やシップもよく用いられます。

薬物療法は特に痛みが強い場合に強いタイプのものを投与して効果を上げ、痛みが少ない場合には弱いタイプのものを継続して投与します。また関節へのブロック注射は変形性膝関節症でも用いられます。