目元のたるみ解消.com » 接骨院の効果について

接骨院の効果について

腰痛や膝痛、頚椎椎間板ヘルニアなどの治療において、接骨院というものには効果があるのか? という疑問を持たれる方も多いかもしれません。

どちらかと言うと整形外科というような病院施設の方が高い効果が出そうではないか、という風に考えている方も多いでしょう。

たしかに、我々一般人からすると、なんとなく「病院」と名のついたほうが効き目があるようにも思えます。では、接骨院と整形外科ではどちらが効果が高いのでしょうか。

実を言うと、これら接骨院と整形外科は単純に比較することはできません。行われている処置が異なっているからです。

まず、整形外科についてですが、ここで処置を行なっているのは、国家資格である医師免許を待った、「お医者さん」です。

その処置は多岐にわたりますが、行われる処置は「医療行為」になります。接骨院において、処置を行なっているのは、こちらも国家資格である柔道整復師をもった「接骨師」です。

接骨院においては、処置を行なっている人が「医師」ではないために、基本的に「医療行為」に当たることはできません。もしそれを行なってしまった場合には、法律違反となってしまう場合があります。

柔道整復師というのは、医療行為を行うには十分な資格ではないと判断されているために、患者さんの安全性を考えて、扱える疾患を、万が一誤っても害のない範囲に制限しているのです。

しかし、かと言って接骨院が全てにおいて劣っているかといえば、そんなことはなく、例えば地域に密着した対応ができたり、病院施設よりも小規模であるがために、患者さんとの信頼関係が深まるなど、利点も多く存在します。

少々書き方が整形外科寄りになってしまったため、ここで強調しておきたいのですが、柔道整復師も立派な国家資格です。

接骨院で処置を行なっている接骨師は必ずこの資格を有しています。彼らが医師に劣るということはありません。柔道整復師も信頼の置ける専門家なのです。