目元のたるみ解消.com » 浴室リフォームのタイプ

浴室リフォームのタイプ

まず考えなければいけないのが、費用対効果を考えた浴室のスペースの確保です。間取りによっては今までのタイプからの変更が難しい場合もあります。

スペースが確保できれば在来工法かユニットバスかということを選択出来るようになります。サイズが決まれば、他の基準で浴室を選ぶことができます。

質感やデザインで選ぶのであれば、在来工法がおすすめです。高級に見えるタイルや石貼りの質感を出すためには在来工法が適しています。

そういったデザイン面では在来工法の方がメリットが大きいですが、メンテナンスと言った点では逆に、ユニットバスの方がメリットが大きいです。

メンテナンスではユニットバスのほうが点検口がしっかりとついている商品が多いので、点検や修理といった面を考えると、在来工法よりも最小限の工事で済むことがあります。

また、費用の面では、在来工法はオリジナリティのある自由な設計が可能な分、費用が高くなりがちです。

逆にユニットバスは費用は在来工法より安くできますが、ユニットバスはいわば組立式ですので、在来工法ほどには自由な設計はできません。

このようにそれぞれのタイプでメリットやデメリットがあるので、お風呂のリフォームはしっかりとどちらのタイプが自分達の家や自分達の考え方には適しているのかということを考えなければいけません。